〒335-0021 埼玉県戸田市新曽662 T-FRONTE 3階

JR戸田駅西口より徒歩1
048-287-3007

予防接種

予防接種について

予防接種について

細菌やウイルスなどの病原微生物からつくったワクチン(抗原物質)を接種することで、特定の病気に対して免疫がつくように行われるのが予防接種です。これにより、特定の病気になる可能性を極力減らすことができ、万一その病気になったとしても病状が軽微で済むことが期待できます。

当クリニックでは、予防接種として主にインフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンを行っております。それ以外の予防接種については、別途ご相談ください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症です。このウイルスに感染すると1~3日ほどの潜伏期間を経て発症し、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気など、全身にわたって症状がみられます。併せて普通の風邪同様に、喉の痛み、鼻水、せきなどの症状も現れます。

インフルエンザウイルスは、毎年少しずつ性質を変えながら異なるタイプが流行します。そのため常に感染から身を守るためには、予防接種を毎年行う必要があります。

インフルエンザワクチンは接種後、効果が出るまでに約2週間かかりますが、その効果は約5ヵ月間持続します。日本では、インフルエンザは例年12月~4月頃に流行し、例年1月末~3月上旬に流行のピークを迎えますので、12月中旬までにワクチン接種を終えることが望ましいと考えられます。

肺炎球菌ワクチン

肺炎は高齢者の方や基礎疾患を持っている方などが罹りやすく、厚生労働省の「2016年人口動態統計の年間推計」によれば日本では年間11万人以上の方が亡くなっていますが、そのほとんどは65歳以上の高齢者です。

この肺炎を予防するのに有効な対応策のひとつとして肺炎球菌ワクチンの接種があります。肺炎球菌は、肺炎の原因菌で最も多く(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)、これを接種することで、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防できるほか、例え罹ったとしても重症化を防げるようになります。

また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うと、肺炎予防がさらに強化されます。そのため、肺炎を予防する際は、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。

なお、肺炎球菌ワクチンは接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出ることがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けるようにしてください。

クリニック概要
summary

医院名
T-FRONTE消化器内科・外科クリニック
院長名
杉浦功一
住所
〒335-0021
埼玉県戸田市新曽662 T-FRONTE 3階
TEL
048-287-3007
アクセス
JR戸田駅西口より徒歩1分
休診日
水曜日・日曜日・祝日
診療科目
消化器内科・内科・外科
●外来、胃カメラ
大腸カメラ、胃カメラ(同時検査も行います)
〇外来のみ
診療時間
9:00-12:00
(土曜日 -13:00)
-
14:00-16:00 - -
16:00-19:00 - -